プロフィール
劇団6番シード
劇団6番シード
1992年旗揚げ。
松本陽一が作・演出を担当。

徹底したオリジナル台本へのこだわりと、細やかな人間表現に重きを置く演劇集団。
「芝居が終わったらお客様の心の中でドラマが始まる」が劇団コンセプト。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■松本陽一 
1974年広島生まれ。
劇団6番シード代表。


21歳で映画監督を目指し上京、鎌倉映画塾に入学。在学中に「荷台に乗る男」「トロコ」などの脚本・監督を手がけ「トロコ」では神奈川新聞社賞を受賞。
1997年、劇団6番シードに入団。
2001年秋の番外公演で、かねてからの希望であった脚本・演出を手がける機会を掴み、「ホテル・ニューパンプシャー206」で脚本・演出としてデビュー。
その後は精力的に新作を発表し、テンポのよい言葉の掛け合いと、伏線を張りめぐらした展開の脚本、松本独特のコメディーセンスをとりいれたポップでスタイリッシュな舞台が人気を博す。

また、外部にてラジオドラマ・映画脚本等も執筆。
2007年2月より、45歳以上のシニア層を対象とした「45歳以上のアクターズスタジオ」を開設。ワークショップ講師・脚本・演出を手がけ、団塊の世代が活躍する場として、雑誌・新聞等でも広く取り上げられ、活動の幅を広げている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【メンバー】

宇田川美樹
1975年、東京都出身。


小沢和之
1969年、大阪府出身。


妹尾伸一
1975年、岡山県出身。


椎名亜音
1982年、東京都出身。


他。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【所在地】
東京都練馬区石神井町1-26-11イヌイビル1F
【電話/FAX】
03-3996-0576/03-6893-4546
【メンバー数】
12名 (2010年1月現在、他研修生2名)

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM